google-site-verification: googleda8929fdf4ed790a.html

2019年06月04日

韓国ドラマ「左利きの妻」ネタバレ あらすじ速報35話

韓国ドラマ「左利きの妻」ネタバレ あらすじ速報

作品情報

 
KBS放送
全103話
演出:キム・ミョンウク
脚本:ムン・ウナ

左利きの妻の出演者・キャスト

 
イ・スギョン・・・オ・サナ
キム・ジヌ(ソン・ウォンソク)・・・イ・スホ
キム・ジヌ・・・パク・ドギョン
チン・テヒョン・・・キム・ナムジュン
ハ・ヨンジュ・・・チャン・エスタ―
イ・スンヨン・・・チョ・エラ

左利きの妻のあらすじ

 
孤児院で育ったオ・サナとイ・スホが、数奇な人生に立ち向かいながらも、本当の愛を探し求めて行く、ラブロマンスドラマ。
キム・ジヌは同じ姿をした全く別の人間を一人二役で挑む!










35話
ドギョンは親子検査をした。検査は6時間後に出るのでサナは待つと言う。
しかし検査室に入り込んだエスターの手下は着実に妨害した。
ドギョンの血液を入れ替えたのだ。用意したのはナムジュンで彼も又復讐するためだった。
あれは僕の血だから親子と出るはずだと。
しかしエラも又検査していた。
結果が出るまで待つと言うエラにも妨害の手が・・・?
化粧品にケチをつけたブロガーをとうとう見つけたサナの妹。
しかしサナは動けないので妹と母が行くことになった。
サナは今度こそスホだと確信を持っていた。
ナムジュンに会議中メールのメモがきた。エラがドギョンと親子検査しているというものだった。
あせるナムジュン。会議どころではない。急用ができたと会議を退出した。
サナのショックを受けた顔を見に来たエスターはエラも親子検査を受けたとナムジュンから電話をもらう。
2人は急いでエラの元へ行った。
サナは親子だとでた結果を見てショックをうけた。
ドギョンから電話をもらうも出られず泣いていた。
ナムジュンとエスターはDNAの検査所についた。今まさに結果がでようとしていた。
その時ナムジュンは火災報知機を鳴らし間一髪で助かった。
事実を受け入れようと言うドギョンだが、サナは納得していなかった。
ドギョンもまたサナが頭から離れなくてつらいのにどうすればいいんだとさけぶ。
僕もスホだったらと言って抱きしめた。
サナの妹と母はデマを流したブロガーに会いに行った。ブロガーは人違いだと知らを知る。
揉めた3人はいろんな人から写真や動画を撮られる。
サナに母と妹が留置場に入れられたと電話が入る。その時エスターにもブロガーから助けてくれと警察から連絡が入る。
動画は拡散されサナは窮地に陥る。1ケ月の営業停止となった。
エラの親子鑑定もまた親子成立の結果が出た。
ブロガーと示談が成立しないと留置場から出られないのでサナはブロガーの家に向かっていた。
そこでブロガーがエスターと話しているとこを見てしまう。
そしてサナはビデオに二人を映した。そして警察に行きすぐに母と妹を出すように要求し、ブロガーも了解して走って行った。
そしてエスターに反撃すると宣言して別れた。その足でエスターの家に行くと副会長に会いたいといった。

<対顧客レート >
google-site-verification: googleda8929fdf4ed790a.html google.com, pub-5761596467386374, DIRECT, f08c47fec0942fa0