google-site-verification: googleda8929fdf4ed790a.html

2019年06月06日

韓国ドラマ「左利きの妻」ネタバレ あらすじ速報37話

韓国ドラマ「左利きの妻」ネタバレ あらすじ速報

作品情報

 
KBS放送
全103話
演出:キム・ミョンウク
脚本:ムン・ウナ

左利きの妻の出演者・キャスト

 
イ・スギョン・・・オ・サナ
キム・ジヌ(ソン・ウォンソク)・・・イ・スホ
キム・ジヌ・・・パク・ドギョン
チン・テヒョン・・・キム・ナムジュン
ハ・ヨンジュ・・・チャン・エスタ―
イ・スンヨン・・・チョ・エラ

左利きの妻のあらすじ

 
孤児院で育ったオ・サナとイ・スホが、数奇な人生に立ち向かいながらも、本当の愛を探し求めて行く、ラブロマンスドラマ。
キム・ジヌは同じ姿をした全く別の人間を一人二役で挑む!











37話
サナは面接の時間に間に合わなかった。それがエスターのせいだとわかる。
事業開発でワークショップに行くバスにサナが追加合格したと乗り込んできた。
家ではオーラバイオに入社したことを知らなかったので置手紙をして旅行に行ったサナに驚いていた。
手紙にはドギョンさんはスホさんだと書いてあった。心配する家族。
一方追加合格だと知り驚くドギョン。
しかし誰も知らなかったので戸惑う社員とドギョン。
サナは副会長に掛け合って入社したのだ。
ドギョンがいるから入社したが、迷惑かけないよう頑張ると言うサナ。
エラはエスターを呼び出し、またブログ事件みたいなことがあったら許さないとくぎをさした。
しかしエスターはサナが入社試験を受けようとしたのを誰にも知られないように阻止したと自慢気に話した。
副会長は母に30年前に失踪した甥を探すと約束していた。
ナムジュンモ密かに調べていた。
サナはスホと泊まった部屋を自分で予約して他の社員を驚かすがサナはスホを取り戻すと心に誓っていた。
ナムジュンはサナの母の開店祝いに来てはじめてサナがワークショップに参加してることを知る。
そして2回も血液型の鑑定をしたことを。そして2回とも血縁関係だったことを。
ナムジュンは自分の知らない1回も血縁関係だったことに驚く。
なぜだ?まさか?スホが会長の?
ナムジュンは自分で確かめるしかないと・・・。
ドギョンがエスターと電話してると後ろでサナを呼ぶ声が。気をもむエスター。
サナはドギョンに新婚旅行でとまったとこだと説明したがもうやめようとドギョンに言われる。
サナは酔いつぶれたドギョンをベッドに寝かし、夫だと証明する時間だとつぶやく。
そしてバスローブで二人でベッドに横たわる二人を撮影する。
そしてその画像はエスターに送られた。エスターはドギョンの止まってるホテルまで駆けつける。
ドギョンの部屋には誰もいなかったのでサナの部屋に行くがサナしかいない。
サナはエスターにスホの記憶が戻ったと言う。
するとエスターは死にかけたスホを救ったのは私よ。と言った。
ナムジュンは血液検査が2回とも血縁関係だったと知り、会社は誰にも渡さないとつぶやく。
エスターはドギョンに成り代わったから死なずに済んだとサナを責めた。
私が話すわと部屋を出ていくエスター。しかし、サナはそれを録音していたのだ。


<対顧客レート >
google-site-verification: googleda8929fdf4ed790a.html google.com, pub-5761596467386374, DIRECT, f08c47fec0942fa0